このサークルについて

Digital Art CLUB(略称:DAC;ダック)は、2001年3月30日に「富山大学のデジタル分野での文化活動を活性化させる」ために発足しました。イラスト・音楽・プログラム・動画・2DCG・3DCG・電子工作などの、デジタル媒体での創作活動を主に行っています。

また、作品を発表することも大切にし、日頃の成果を見てもらう「展示会」を開くことも活動のひとつです。部室に集まってお喋りしたり昼食を食べたりして、のびのびと創作を行うなど素敵なキャンパスライフを満喫する手助けをしています。

近況をツイッターでつぶやいてます。https://twitter.com/DAC_Toyama

部員が作編曲した楽曲をサウンドクラウドで公開してます。https://soundcloud.com/digitalartclub

部員数

57名(男37 女20)※2018年3月現在

制作分野

イラスト(26)  動画制作(2)  プログラミング(9)  音楽(13)  3DCG・モデリング(4) 電子工作(1)

※()内はおおよその人数。ジャンルが被っていたり、複数している人もいます。

活動日

月曜~金曜(午後)・土日(不定期) サークル棟2階D206

部会(月1回、土曜14:00~) 図書館2階もしくは学生会館ロビー

活動費

半期1,000円(年間2000円)

新入生は前期中(4月~9月)は仮部員とし、活動費不要。後期開始月(10月)の部会にて徴収。

よくある質問

Q. パソコンもってないんですけど...

A. 一度部室に見学に来られたら相談にのります。
どの制作活動を行うにしてもパソコン等が必要となってきますが用途によって様々です。
デジタルアートクラブなのにアナログアートな人もちらほらといます。
手ぶらで部室に来て、紙に描こう、楽器を鳴らそう。

Q. どういうパソコンがいいの?ソフトは?

A. ひとまず大学生協で売られているパソコンを買わないことです。
使用用途に合わせてアドバイスしていきます。大学生協で買うよりも安く高性能なものが買えるでしょう。

イラストは板タブ・液タブの購入を検討しましょう。
ノートパソコンではなくタブレット型PC、タブレット端末でお絵かきという選択肢もあります。
部内で人気のある有料ソフトウェアは、CLIP STUDIOです。
無料ソフトウェアならMediBang Paintです。
ほかのソフトウェアでは、SAI、openCanvasなど。

音楽については、近年ノートパソコンのスペックが向上してきていることもあり、部内ではデスクトップよりノート派が多勢です。
初心者は作曲ソフト(DAW)の体験版を導入することから始めます。
作りたい音楽の方向性で様々な選択肢が考えられますので、経験者の意見、実際の操作感、値段で決めていきましょう。
DACで人気のあるDAWは、Cubase、Studio One 3です。ほかに、ableton live、FL studioを使用する人もいます。

動画制作については、パソコン選びが大事になってきます。
どういった動画を作りたいかイメージして先輩に聞いてみましょう。
ソフトウェアは、無料のAviUtlがよく使われています。
AviUtlのインストールが面倒なため、毎年5月程に導入のための講座を開いています。

3DCGは、動画制作と同様にパソコン選びが重要です。
MMD・MMMは無料かつ軽量、日本語の解説が豊富にあり、とりあえず入れておけば色々遊べます。
本格的なモデリングとレンダリングを考えている場合は、無料のBlenderをまず導入して自分に合うか試すことをおすすめします。
業界で広く使われるMaya,Cinema 4 D,3dsMax等、これらのソフトウェアは高価ですが、学生の間は無料で使えます。
現在の部員のメンバーでは、MMD(1)、Metasequoia(1)、Blender(1)、Cinema 4 D(1)、3dsMax(1)

プログラミングについてですが、要求スペックはそれほど高くありません。
新入生ははじめゲーム制作に取り組むことが多く、部内ではゲーム開発環境として主にUnityが使用されています。
ほかプログラミング言語の統合開発環境には、Microsoft Visual Studioをインストールする人が多いようです。
Webについてはメモ帳からでも始められます。
アプリ開発を行っている部員は現在いません、熱気溢れる部員を募集中です。

電子工作を行う部員は少ないですが、部室にはマイコンや工作キットがありますので挑戦してみませんか?

Q. まったくの未経験です...

A. DACに来て何かを始めようとする人の7割(筆者の体感上)は未経験・初心者です。
どういった手順で何を行い、何を調べるかというアドバイスをしていきます。

Q. 毎日あるんですか!?

A. 講義の空きコマ時間に来る人、夕方から来る人、金曜日だけ来る人、いつもいる人、様々です。
気軽にきてご飯だけ食べることもあれば、お題をつくってみんなで落書きしたり、ディープな会話を楽しんだりしています。

活動実績

2018年

10月 「Digital Art Gallery」開催 (富大祭2018)

2017年

12月 コミックマーケットC93に参加。同人誌・CDの頒布

11月 音楽同人即売会APOLLO 07参加。CDの頒布

10月 「Digital Art Gallery」開催 (富大祭2017)

2016年

11月 MAG.fes2016に参加。イラストや動画、音楽の展示

10月 同人即売会T-COM16に参加

10月 「Digital Art Gallery」開催 (富大祭2016)

2015年

11月 MAG.fes2015に参加。イラストや動画、音楽の展示

10月 「Digital Art Gallery」開催 (富大祭2015)

5月 富山県立大学のサークル「TCC」と作曲の合同勉強会を実施

2014年

10月 「Digital Art Gallery 2014」開催 (富大祭2014)

2013年

10月 富大祭2013での作品展示

2012年

10月 富大祭2012での作品展示

2011年

10月 「Digital Art Gallery 2011」開催 (富大祭2011)

2009年

10月 「Digital Art Gallery」開催 (富大祭2009)

2007年

10月 「Digital Art Gallery Vol.16」開催 (総曲輪デザインサロン)

06月 「Digital Art Gallery Vol.15」開催 (Web)

2006年

05月 「Digital Art Gallery Vol.13」開催 (第51回富大祭)

2005年

05月 「Digital Art Gallery」開催 (第50回富大祭)

2004年

11月 「Digital Art Gallery Vol.10」開催 (Web)

05月 「Digital Art Gallery Vol.9」開催 (第49回富大祭)

2003年

11月 「Digital Art Gallery Vol.8」開催 (Web)

06月 「Digital Art Gallery Vol.7」開催 (第48回富大祭)

2002年

11月 「Digital Art Gallery Vol.6」開催

10月 「Digital Art Gallery Vol.5」開催 (Web)

05月 「Digital Art Gallery Vol.4」開催 (第47回富大祭)

2001年

11月 「Digital Art Gallery Vol.3」開催

6月 「Digital Art Gallery Vol.2」開催

5月 「Digital Art Gallery Vol.1」開催 (第46回富大祭)

3月 Digital Art CLUB 発足